家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう

家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう

最新マンションの共用スペースについて

新築分譲マンションの中でも、とりわけ大規模なマンションにおいては様々な共用スペースが充実している物件が増えてきています。その特徴として、住戸数の多さというメリットを活かした、コミュニティ醸成のための共用施設が計画されているというものです。具体的には居住者の親族を招く際に利用するゲストルームや、子供が集中して勉強に勤しめるスタディルームなどが設置されている事例があります。

また、近所付き合いを促すためのカラオケルームや、育児世帯のコミュニティ作りのためにキッズルームがあったり、外国人講師が英会話を教える教室が併設されているという教育に力を入れている物件まで存在します。マンション立地を活かした事例も多様化しています。夏の花火大会の花火が観られる場所に建設されたマンションには、オーナーズビューテラスという花火観賞専用スペースが設けられていたり、河や海に近い立地の場合は敷地内にバーベキューができるスペースを確保したマンションも登場しています。

このような様々な共用スペースは、マンション内のコミュニティ作りに大変大きな効果を発揮しますが、注意点としては、あまり利用頻度が低くなると、維持管理費用ばかりがかかってしまい存在意義が薄れてしまっては本末転倒になりますので、本当に必要性のあるスペースかどうかの見極めが重要になります。

Copyright (C)2017家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう.All rights reserved.