家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう

家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう

マンションとアパートの違い

住居を探す際、最初に考えること。それは、住宅を購入するのか賃貸なのかということだと思います。そして、購入であれば新築のものを購入するのか、既築のものを購入するのか。その中でも戸建住宅なのか集合住宅なのか。賃貸であれば借家なのか、集合住宅なのかということを考えると思います。そういった住居の選択で、曖昧に分類されているもの。それはマンションとアパートではないでしょうか。この二つの違いについて、明確に答えられる方は少ないと思います。個人的には、見た目が綺麗だったり、部屋数が多かったりするものがマンションであり、こぢんまりとしていて、部屋数が少ないものがアパートというイメージなのですが、実際にはどのような違いがあるのか。私が調べて分かったことは、国で定める明確な違いはないということです。では何を基準に分類されているのかというと、不動産業界では建物の構造で分けているようです。

木造、プレハブ造、軽量鉄骨造であればアパートに分類され、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造だとマンションに分類するのが一般的だそうです。私と同じようなイメージで分類し、そして実際にアパートに住むことを選ばない方も多いとは思いますが、よくよく見てみるとアパートの方が条件の良い場合もあります。イメージだけで考えず、条件や部屋をきちんと確認し、自分の満足する住宅に住みたいものです。

Copyright (C)2017家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう.All rights reserved.