家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう

家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう

住居侵入の被害にあうマンション

住居侵入で窃盗をされてしまうのは、四割がマンションで起きています。被害にあわないためにも、空き巣の被害にあう狙われやすいマンションの特徴を紹介します。まず侵入の手段は、一位がガラスを破って入り、二位が無施錠で入っています。二位の無施錠は、マンションがオートロックや防犯カメラなどの設備があるものが多いので、過信しすぎて気が緩みがちになり、施錠を忘れてしまう人が多いことが原因です。危機感が薄くなりがちですが、被害にあわないためにも注意しましょう。マンションでは、最上階がもっとも狙われやすく、次に一階が狙われやすいです。自分が住んでいるマンションの設備がしっかりしていたとしても、隣のビルやマンションとの距離が近い物件は危険です。実際に建物から建物へと壁づたいに登って侵入しているケースもあります。マンションの周りに建物や足場になりそうなものがなくても、安心はできません。ベランダ沿いに侵入しているケースもあるので、一階じゃなくても窓の施錠は必ずするようにしましょう。

防犯カメラがついているマンションもあると思いますが、カメラに背を向けたり、携帯で会話をしているふりをして、住人が建物内に入るときに一緒に入ってくることもあります。防犯カメラがあるので諦めるとはならないのが現状です。このように、マンションには住居に侵入されてしまうポイントがたくさんあります。被害にあわないためにも注意をするようにしましょう。

Copyright (C)2017家族持ちのマンション購入は、収納を重視しよう.All rights reserved.